ネタバレ注意
コロコロアニキ



今回はぶっ飛んでる。


滑り台でマシン走らせてマシン共々落っこちた翼。超危ない。
痛いと騒ぐが大したことないと豪。
もっと危ないレースをしたと高速道路を見ながら昔話をし始める。
基本危ないレースばかりだった豪でも死を覚悟したレースがあったらしい。


時は遡り15年前

…あれ15年前ってことはまだ豪は26か27辺りなのか?三十路ではなかったのか。

そんなことは置いておいて突如謎の軍団に襲われるレイカイゲンの元大神軍団。
多勢に無勢で北斗の拳やマッドマックスに出てきそうな連中にマシンを壊される。ヒャッハー。
リーダーっぽい奴にマシン性能に目をつけられていたらしく3体の壊したマシンを使って一つのマシンに作直されてしまった。

その後高速で次のレース会場に向かう烈と豪に対しミニ四駆レジスタンス「デスエンジェルズ」と名乗りレースを仕掛けてくる。
レイカイゲンは磔にされ人質に。
さらには佐上のおっちゃんのクルマ横転させられたり他人のマシンを壊してつぎはぎする所業に怒る烈と豪。そりゃ怒るよ。
3体のマシンが合わさったビーク・G・スティンガーとそれを操る通称クラッシャージローと対決。
ビークGスティンガーは、フロントはレイスティンガー、ウイングはビークスパイダー、後部はブロッケンGで構成されているマシン。メインはレイスティンガーの針と赤外線誘導、そしてビークスパイダーの空気の刃。ブロッケンG要素は薄い。

そしてレースは高速道路を逆走。超危ない。
クラッシャージローはトレーラーをスリップさせたりやりたい放題
超危ない。
デスエンジェルズのヒャッハー集団は烈豪ジローの三人についていけないし普通にマシンが車に潰される。
超危ない。

烈と豪の走りにジローもご満悦。
レースは建設途中の道へ行きマグナムトルネードをして飛び越えようとした豪を狙う
ビーク・G・スティンガー。Vマグナムの悲劇が繰り返されるのかと思いきや烈のハリケーンソニックがサイクロンマグナムを庇いソニックが相打ちに持ち込む。やったぜ兄貴。
かと思いきやそのまま落っこちるソニックとビーク・G・スティンガーをなんと空中で修理改造するジロー。

超危ない。
ソニックが無印のバンディッツの連中にやられたような姿にされさらに赤外線誘導機能までつけられ敵となってしまった。
さあどうする豪でつづく。


使用マシン的に時系列はWGPの頃。

今回は四駆郎共々ぶっ飛んでいて面白い。
あの豪が死を覚悟しただけのことはある。実に少年漫画らしい。



ワールドランナーは未対応でプレイできないからノーコメント。
機種変更の予定もないからプレイは多分できない。シリアルコード勿体ないがしょうがない。

次の発売日は2015年11月14日頃