ネタバレ注意
今回の流れ

①導入
    ↓
②メダル保管庫へ
    ↓
③逃亡
    ↓
④セロリについて情報収集
    ↓
⑤黒いメダルとは
    ↓
⑥決戦
    ↓
⑦評価


黒い欠片をローレル先生に見せる。メダル研究所のセロリが似たようなものを持っていたらしい。
というわけで研究所へ行くことに。しかし話も聞かずどこかへ行ってしまった。
常にイラついている人間であったがさらに加速している。
どうやら発表論文が無視されたかららしい。内容はメダロットの危険性
1年前恋人がケガをしてから人が変わったらしい。
研究所の地下のメダル保管庫へいるらしいからそこへ行くことに。


地下は何というかダンジョン
エンカウントでガンキング登場。頭の装甲10。
がむしゃらで一発じゃないですか。いや元々そういうメダロットだけどさ。
奥にたどり着くとパスワードが掛かっている。セロリのプライベートな情報が必要。んなもん知らん。
と思ったらアイテム確認したらわかった。
中に入ると黒い欠片をセロリが持っていた。これ使うとメダロットの真の姿を暴き出すらしい。
ブラックメイルXとロボトル。DLCではそんな名前のベティベア?と戦った記憶がある。
でもこいつの見た目はブラックメイル。バグかあれ。
行動するたびに全装甲が回復する。そして耐久値もある。
セロリ曰く戦闘マシンこそ真の姿。要はデスメダロットね。
セロリは黒い欠片を使ってメダロットを暴走させてメダロットの危険を訴えたいらしい。
そんなことはさせないとセージ先輩黒い欠片を奪い取る。やるねえ。
そして逃げる。


途中パセリから事情を聴く。初代所長ヨモギ博士は黒いメダルの起動実験で亡くなったそうだ。
黒いメダルも宇宙人からの贈り物。けれど黒いメダルは取り付けられたものの性能を限界以上に引き出す力があったらしい。
ヨモギ博士は政府からの依頼で軍事用メダロットに利用した。その時の欠片が今持っている奴らしい。
性能を限界まで引き上げる…だから女神像も光り輝いたのねとアニス。
いや、まったく像が光る理由がわからんけどそういうもんなんだろう。

ブラックメイルが追ってきた。どうでもいいけど研究所のすぐ近くにあるセレクト隊に逃げ込めばよかったんじゃない?なぜ逆方向へ逃げた。
追手が来るから場所を移す。セレクト隊…今作はそこまで無能じゃないのに…
いろいろ話を聞いて残りの欠片はジルが持っていると推理。今までの不思議アイテムは全部黒い欠片のおかげ。
ジルに備えて特訓することに。コンボを修得。やっとかよ。
セージ先輩が外しまくっているのをずっと見ていたよ。7じゃすぐ覚えたのにね。トルネードコンボを危惧したのだろうか。
セロリに話を聞く必要があるがあんな状態じゃ聞けない。病院に恋人が入院しているらしいから行くことに。


途中でフリーズした。なぜだ。
気を取り直して病院で話を聞く。別にメダロットが原因じゃないらしい。でもセロリは聞く耳持たなかったらしい。恋人は意識不明。
事故現場のグランドフォレストへ行くことに。モングが事故現場を教えてくれることに。
要は上から岩が落ちてきてそれをメダロットが庇ったらしい。
恋人のサフランの様子を見に行くことに。セロリがやってきた。やはり話聞かない。聞けよ。
黒い欠片を渡せとしつこいからロボトルで決着をつけることに。
もう一回しろとしつこい。と思ったら恋人目覚めた。
セロリ改心。いや、まあよかったけどさ。あっさり解決。



黒いメダルについて話を聞く。
実験機はアサドアアークとかいう街を火の海にできるメダロットだったそうだ。
ただ実戦投入を前に爆発したらしい。魔の10日間は未然に防がれました的な。
限界を超えて耐えられなかったらしい。メダルは爆発で6つの欠片に分かれた。
パセリの提案で罠を貼ることに。メダル展示会を開くことになった。
ジルの変装には変装で対抗することに。女装でもするのか?
いざ決戦へ


騙してジルを追い詰めることに成功。今まで助けた人たちが協力してくれた。持つべきものは友だね。
ロボトルで決着をつける。
無事に勝利。と思ったらパセリが招待を現した。ロボロボ団クレソン。
タイサンがでかいチビヘーモスと共に現れる。ジルと共闘。
ロボロボの目的は要は世界征服。地球は宝石。地球は飴みたいなもん。
新たなデカメダロットで逃亡。
結局全部奪われた。


評価A
どこで失敗したか思い出せない…

ppp2
次は雪ステージ。
あ、いつのまに通信でサイカチスゲット。